FC2ブログ
 
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
やりよるなぁ。すごいです。

 
 
「一流が一流を育てる」 
これは楽天の野村監督の言葉からの引用からです。


30732.jpg


昨日、モスクワで欧州CLのファイナルが行われました。そう、この2007~2008シーズンが始まる前からマンチェスターUが優勝するのではないかと思ってました(HPのTOPページ参照)

ゲーム自体はお互いイングランド勢どおしで熟知してるからこそお互いのいいところをつぶし合う試合となってしまった印象がある。昔、イタリア勢どおしのファイナルとなったときも史上最悪の面白くない試合になるだろうと言われてたけど今回もそんな変わらないと思ったのだが。

僕の今年の優勝候補にあげた1番のチームとしてマンチェスターUを挙げたのは、チームのバランスがいいから。ロナウドもここで5シーズン目に入ってまさにあの言葉のように、ギグスやスコールズ、ロイキーンなどの選手たちの影響もあるのだろうと感じた。

こういう点から日本においては中田氏の存在っていうことをもっともっと生かしていかないといけないとおもうね。欧州組が日本に帰ってきてJリーグでやってくれるのはいいことだと思う。J2でもJFLでも生かすべきだね。そういう意味でも今年の浦和ってモデルになると思うし、もっとビッグクラブになるためにもスタジアムであんな騒ぎを起こしてしまうっていうのは残念に思う。


yagura.gif


今年はクウォーターファイナルからおもしろいマッチもあったけど、もうここくらいでキングはいいかなって思ってたから個人的にはちょうどいい。失礼ですけど。

こっちはこれからってことでおもしろい試合が続きますね。

それに平行してEURO2008も始まるし、北京五輪も始まるしこの夏はスポーツが熱い。
 
 
2007-08年 欧州チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 
まずGLを勝ち上がったのは

イタリア勢

インテル
ミラン
ローマ

イングランド勢

マンU
アーセナル
チェルシー
リヴァプール

スペイン勢

レアル
バルセロナ
セビリア

その他

リヨン
ポルト
フェネルバフチェ
オリンピアコス
シャルケ

でこのたび抽選がありトーナメントの相手が決定しました。

まぁ懲りもなくここも勝手に予想を。

セルティック vs バルセロナ

両チームともけが人に泣かされているが、ここは力が違いすぎるかな。バルセロナでしょ。

リヨン vs マンチェスターU

好カード。両チームともタイプは似てるしベテランも有望な若手も育ってきてるし、リヨンの調子も上向いてきてこれはおもしろい。でもマンチェスターかな。

シャルケ vs ポルト

ここはポルトでしょうな。シャルケはけが人が戻りつつあるけど。

リヴァプール vs インテルミラノ

インテルが先にアウェー戦うのはポイントかな。でもインテルは順調なのでインテルで。

ローマ vs レアルマドリード

レアルはいいチームになりつつあるね。ここもすんなりいけると思う。ローマは波が激しいし取りこぼしもあるからね。

アーセナル vs ミラン

ミランはこの1月のオフに誰かとらんと守り方をつかまれつつあるからね。でもカカは止められないけどね。

オリンピアコス vs チェルシー

内部分裂しないかぎりチェルシーでしょ。

フェネルバフチェ vs セビリア

セビリアは何人か主力を引き抜かれそうなんでわかんないな。でもセビリアで。
 
 
2006~2007シーズンの終了。 
昨日の欧州CL決勝を終えて、スペイン・リーガのリーグ優勝争いとイタリアセリエAの残留争いを残すだけで、シーズンが終了してしまいます。

昨日の試合は、ミランの中盤の連携と厚さにさすがにベニティスもきっちり対策をとったにもかかわらず敗れてしまった感がある。

光ったのがセードルフかなっ。カカとのおもしろいタイミングでのボールのやりとりがさすがっておもったしお互いよくわかってる。1点目なんてほんと狙い通りの戦術やとおもう。点はいったのはラッキーやったけど攻撃の核がそういう展開だった。キッカーにピルロっていう反則的な武器も攻撃に厚みがある。

リヴァプールは攻撃面ではミランの弱点を的確についていた。コートをふるにつかって逆サイドにおもいっきり振って横のずれをつく攻撃。あとボランチのマスチェラーノがかなり効いていた。あの中盤を対等にわたりあってすばらしい仕事をしたと思う。クラウチとの交代がもう10分いや5分我慢していたら2点目は取られてなかったはずだが、クラウチの投入が遅れるとなると1点とれていたか。確かにクラウチを投入してからミランのDFはやりにくさが出てた。

この試合のあとの記者会見でミランのアンチェロッティー監督は

「これは2年前のリベンジではありません。八百長問題で一気に信頼を失ったイタリアサッカー界の威厳を取り戻すために、イタリアサッカー界としてもミランとしても負けられない試合でした。この勝利でイタリアサッカー界の威信を少し築けた。」

八百長問題で今年のシーズンでW杯を優勝したのもイタリア、CLを優勝したのもイタリアのミランということで改めてイタリアサッカーの実力を示したシーズンとなりました。

来シーズンはユベントスも戻ってきます。ネドベトは今シーズンで現役引退らしいなのがショック。もう2年はできる!!!ブッフォン残ってくれ。でってったみんな帰ってこ~い。

ミランは噂だと中盤にロナウジーニョ、FWに呼び戻しでシェフチェンコ、キーパーのブッフォンを本気で狙っていますがむしろDFを見直してわ?もう少し若手を育てるかどっかからとってこないといくら豪華な中盤があってもDFが30代のおっさんばっかりだと不安があります。
 
 
土曜の競馬 
ダービートライアル第1弾 青葉賞~

若葉で新馬勝ちの勢いと血統と武とで1番人気となったナタラーシャ。めっちゃ嫌いやけど今回はこの馬を軸に。

前走は、器用に内を立ち回って勝った内容をそこそこ評価して。メンバーもよかったようにおもうし今回も似たようなメンバー多いし。

疑問は藤田がなんでのらんかったんやろなっ。ダービーはまだ乗り手決まってないと思うけど。

相手に藤田の乗るフィニとレガーロ、ヒラボク、ヘンリー、レオ

とまぁ本番ではあんまり触らんかな。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。